• 戸狩温泉 宿泊 民宿
  • 戸狩温泉 宿泊 民宿

信越トレイル 関田山脈のトレッキング

戸狩温泉 飯山市信越トレイルは、関田山脈に連なる80Kmのロングトレイルコースです。飯山市と新潟県の県境に続き、標高1,000m前後のブナの参道を通っての景色が素晴らしいコースとなっています。古の武将なども通った道であり、毎年6月~11月の春から秋にかけた時期に、トレッキングツアーを開催しています。全体を6セクションに区切り、各々のコースをおよそ1日ずつ走破する事が可能です。1セクション走行距離10km前後、1セクションあたりの走破におよそ6時間を参考タイムとしていますが、この戸狩より斑尾方面、また戸狩より新潟方面の2コースを足慣らしに走破される方も多くいらっしゃいます。(信越トレイル倶楽部)

戸狩温泉 飯山市標高1000mの里山歩きとしてご利用いただくことができます。
四季折々の木々の語らい、フィトンチッドあふれる若葉かおる季節のトレッキングは、清々しさだけでなく、心が自然と元気になるような感覚になります。

春は残雪と新緑の鮮やかなコントラストが楽しめ、一斉に花咲く山野草の季節は涼しさと心地よさを体験できます。夏は爽やかなブナの森には小動物が顔を出し、秋は素晴らしい紅葉が楽しめます。四季折々の美しい里山に続く道には、穏やかな風が流れています。

直江兼次などの武将が行き来し、塩の道としても発展 ガイドと歩く古の道

戸狩温泉 飯山市かつて直江兼次などもこの道を通り、上田と春日山を行き来した道でもあります。
信濃と越後を結ぶ交通の要所でもあり16もの峠道が存在し、塩や海産物が運び込まれ、信濃からは内山紙や菜種油が運ばれました。

内山紙は、飯山市と木島平で紙すき体験ができます。当時の菜種油の菜の花は、高野辰之も飯山尋常小学校に師範として通っていた頃にもこの地域に沢山あった事が想像できます。残念がら現在の菜の花祭りの菜の花は、野沢菜であり当時の菜種油用の菜の花ではありませんが、堤防一面に咲き誇る黄色の花の中で歩く気持ちは大人でも気持ちが高揚する場所でもあります。

信越トレイルは単にトレッキングコースとしてだけでなく文化の道として多くの歴史的意味も含め復活した道です。1 セクションずつトレッキングしたりと楽しみながらチャレンジできます。また熟練ガイドに案内してもらうこともできるので初心者の方でも安心でき、ガイドと歩くことで、安心・安全なことはもちろん、地域の自然や歴史の話を聞きながら歩くのも楽しみの一つだと思います。

ページトップへ↑